• LED TOKYO > ニュース > インタラクティブホワイトボードのサイズはどれくらい? 導入するときの基準や注意点を解説!
インタラクティブホワイトボードのサイズはどれくらい? 導入するときの基準や注意点を解説!

インタラクティブホワイトボードのサイズはどれくらい? 導入するときの基準や注意点を解説!

公開日:2023.04.24
更新日:2024.01.05
IWB

インタラクティブホワイトボードを導入する前に、どれくらいのサイズが選べるのか把握しておきたい方もいるでしょう。今回はインタラクティブホワイトボードの一般的なサイズをご紹介するとともに、サイズを選ぶときの基準や注意点について解説します。サイズの選び方に不安がある方はぜひ参考にしてみてください。

一般的なインタラクティブホワイトボードのサイズ

インタラクティブホワイトボードにはさまざまな大きさの製品があります。市場ではどれくらいのサイズの製品が出回っているのでしょうか。

まずは、インタラクティブホワイトボードのサイズ感を把握するために、大手通販サイトの楽天ショップで出品されているインタラクティブホワイトボードのサイズをリサーチした結果をご紹介します。

アイリスオーヤマ

製品名:AIインタラクティブホワイトボードPro本体 IRB-IHP86

サイズ:86型/W1,963×H1,195×D95mm

・PHILIPS

製品名:75BDL3552T 11

サイズ:75型/W1,715.5×H993.7×D80.8mm

リサーチの結果、インタラクティブホワイトボードのサイズはおおよそ55型から86型の範囲であることがわかりました。

電子看板や電子POPなどに用いられるデジタルサイネージは、43型 や10型 などさらに小型の製品があります。

デジタルサイネージと比較すると、インタラクティブホワイトボードはサイズが大きい傾向があるとわかります。

したがって現段階では、インタラクティブホワイトボードを導入するときは、基本的に広いスペースで使用するのが一般的なようです。

LED TOKYOが取り扱っているインタラクティブホワイトボードのサイズ

LED TOKYOでもインタラクティブホワイトボードを取り扱っており、複数の画面サイズから製品を選べます。

具体的なサイズと価格は下記の通りです。

画面サイズ/外形サイズ/購入価格/レンタル価格

65インチ/W1483.8×H893.2mm/550,000円(税込)/月額29,700円(税込)
75インチ/W1706×H1018.2mm/638,000円(税込)/月額39,600円(税込)
86インチ/W1950×H1156.2mm/990,000円(税込)/月額55,000円(税込)
98インチ/W2165.6×H1219.7mm/要問い合わせ/要問い合わせ

LED TOKYOは98インチのサイズにも対応しており、他社と比較して大きめのインタラクティブホワイトボードを導入することも可能です。

インタラクティブホワイトボード「SHIROBAN」はこちらから

インタラクティブホワイトボードのサイズの選び方

ここまでの説明でインタラクティブホワイトボードにはさまざまなサイズがあることがおわかりいただけたでしょう。どのサイズを導入すべきか迷ってしまった方もいるかもしれません。

引き続き、インタラクティブホワイトボードのサイズを選ぶときの基準を解説します。

基準1.設置シーン

インタラクティブホワイトボードのサイズは、設置場所の規模や視聴者の人数など、設置シーンを想定して選ぶのが一般的です。

たとえば、65型であれば5~6人程度の小会議室、20人~30人程度の小中学校などに適しています。

86型であれば10人以上の中・大会議室、30人以上の高校・大学の教室などに適しています。

基準2.価格

インタラクティブホワイトボードはサイズが大きくなるほど、価格が高くなる傾向です。必要以上に大きなサイズを選ばないようにすることが大切です。

ただ、購入してからサイズが不適切だったことに気づく場合もあるでしょう。サイズ選びの失敗を防ぎたいのであれば、レンタルで試すことも検討してみましょう。

インタラクティブホワイトボードのサイズを選ぶときの注意点

一般的なディスプレイは画面が大きくなるほど、画像や映像が荒くなって表示されてしまうケースがあります。

サイズの大きいインタラクティブホワイトボードを選ぶときは、解像度が高い製品に注目しましょう。

たとえば、インタラクティブホワイトボードも一般的なテレビと同様に4Kに対応している製品があります。4K対応の製品であれば、小さな文字や図面などを精細に表示させることが可能です。

まだ、8Kへの対応は主流となっていないようなので、画質に不安があれば4Kの製品を検討してみましょう。

インタラクティブホワイトボードのサイズに迷ったときはLED TOKYOに相談

今回はインタラクティブホワイトボードのサイズについて解説しました。大手通販サイトで出回っている製品を確認すると、インタラクティブホワイトボードのサイズはおおよそ55型から86型の範囲でした。

選ぶときの目安としては、65型であれば5~6人程度の小会議室、20人~30人程度の小中学校などに適しており、86型であれば10人以上の中・大会議室、30人以上の高校・大学の教室などに適しています。

サイズが大きくなるにつれて価格が高くなる傾向です。導入環境に応じて適切なサイズを選びましょう。

LED TOKYOはディスプレイ販売の専門会社であり、インタラクティブホワイトボードの選び方について専門スタッフが詳しくサポートしています。インタラクティブホワイトボードのサイズに迷ったときはぜひLED TOKYOまでご相談ください。

Summary
インタラクティブホワイトボードのサイズはどれくらい? 導入するときの基準や注意点を解説!
Article Name
インタラクティブホワイトボードのサイズはどれくらい? 導入するときの基準や注意点を解説!
Description
今回はインタラクティブホワイトボードの一般的なサイズをご紹介するとともに、サイズを選ぶときの基準や注意点について解説します。
Author
Publisher Name
LED TOKYO
ニュース一覧へ戻る

お問い合わせCONTACT

LEDビジョン・液晶ディスプレイの購入・設置レンタルのことならお任せください!

メールフォームでお問い合わせ

内容確認後、迅速にご返信させていただきます

問い合わせする

お電話でのお問い合わせ

03-6434-7390

受付時間:平日10時〜19時

お問い合わせ 電話でお問い合わせ