• LED TOKYO > ニュース > 撮影スタジオの広さに悩む方必見!理想の広さとは?
撮影スタジオの広さに悩む方必見!理想の広さとは?

撮影スタジオの広さに悩む方必見!理想の広さとは?

公開日:2023.05.16
更新日:2023.05.17
スタジオ

撮影スタジオを借りる際に、広さは重要なポイントの一つです。スタジオの広さが不足していると、撮影に必要な機材やスタッフが収まらず、スムーズな撮影ができない場合があります。一方で、広すぎると、撮影効率が悪くなったり、費用が高くついたりすることもあります。本記事では、撮影スタジオの広さに関する基礎知識や、広さ別におすすめのスタジオ、スタジオ選びのポイントなどを解説します。

撮影スタジオの広さの基礎知識

1. 広さの目安とは?

撮影スタジオの広さは、撮影する被写体や用途によって必要な広さが異なります。例えば、人物を撮影する場合は3m×3m程度のスペースが必要ですが、商品を撮影する場合はさらに広いスペースが必要になる場合があります。一般的な広さの目安は、被写体の大きさに対して、2m程度のスペースを確保することです。ただし、用途によってはさらに広いスペースが必要になる場合もあるため、事前にしっかりと検討することが重要です。

2. 広さが小さいスタジオのデメリット

広さが小さいスタジオでは、被写体とカメラとの距離が近くなってしまい、被写体の歪みや影の発生などが起こりやすくなります。また、スタッフや機材が入り込む余裕がないため、作業スペースが狭くなり、撮影の効率が悪くなる場合があります。さらに、スペースの広さが不十分なため、撮影できる被写体の種類や撮影のアングルが限定される場合もあるため、撮影の幅を広げるためにはスペースが必要になります。

3. 広さが大きいスタジオのメリット

広さが大きいスタジオでは、被写体とカメラとの距離が適切に取れるため、被写体の歪みや影の発生が抑えられ、高品質な写真や映像を撮影することができます。また、スタッフや機材が入り込む余裕があるため、作業スペースが広くなり、撮影の効率がよくなる場合があります。さらに、スペースが広いため、被写体の種類や撮影のアングルが自由自在になるため、撮影の幅を広げることができます。

広さ別のおすすめ撮影スタジオ

1.広さ10坪未満のスタジオ

撮影スタジオを借りる際、予算が少ない場合や小規模な撮影をする際には、広さ10坪未満のスタジオがおすすめです。10坪未満でも照明機材や撮影機材が充実していれば、プロのスタジオと同じようなクオリティの撮影が可能です。

2.広さ10坪以上20坪未満のスタジオ

広さ10坪以上20坪未満のスタジオは、少人数での撮影や商品撮影など、中規模の撮影に最適です。撮影スペースの広さに加え、セット作りに必要な空間も十分にあります。また、機材の充実度によっては、広さに関係なく高品質な撮影が可能な場合もあります。

3.広さ20坪以上のスタジオ

広さ20坪以上のスタジオは、人数が多い広告撮影や大型の撮影セットを組む場合など、大規模な撮影に最適です。広いスペースを使って自由自在にセットを組めるため、多様な撮影シーンを演出できます。また、スペースに余裕があるため、照明機材や撮影機材も多く備えている場合が多く、高品質な撮影が可能です。

スタジオ選びのポイント

1.用途に応じた広さの選び方

スタジオを利用する用途によって、必要な広さは異なってきます。例えば、商品撮影やポートレート撮影など、被写体が限られる場合は小さなスタジオでも十分ですが、ファッション撮影や家具撮影など、被写体やセットが大きい場合は、広いスタジオが必要です。また、カメラや照明機材を多数使う場合も、広さに余裕がないとスタッフの動線が悪くなり、撮影効率が落ちてしまいます。自社の利用頻度や予算なども考慮して、必要な広さを見極めましょう。

2.設備やロケーションなど、広さ以外にも重要なポイント

スタジオ選びにおいては、広さ以外にも様々なポイントがあります。例えば、撮影に必要な設備が揃っているか、駅からのアクセスが良いか、駐車場の有無や料金はどうか、などです。また、スタジオ内の雰囲気や色味、壁の素材なども、撮影する被写体や雰囲気に合わせて選ぶと良いでしょう。さらに、撮影したデータの管理や修正、現像なども含めて、撮影以外のサービスが提供されているかどうかも確認しましょう。

3.自社の撮影スタジオを持つメリット

撮影を頻繁に行う場合や、常に同じ雰囲気や背景を使いたい場合は、自社の撮影スタジオを持つことが有利です。自社のスタジオは予約が取りやすく、自由に利用することができるほか、利用料も抑えられます。また、スタジオ内の設備や雰囲気も自社の方針に合わせてカスタマイズすることができ、一貫性のある広告やWEBコンテンツを作り上げることができます。

まとめ

撮影スタジオを借りる際には、用途に応じた広さの選び方や、スタジオの設備やロケーションなど広さ以外にも様々なポイントがあります。また、自社の撮影スタジオを持つことで、コストや撮影の自由度を高めることもできます。本記事が、撮影スタジオ選びの際に参考になれば幸いです。

ニュース一覧へ戻る

お問い合わせCONTACT

LEDビジョン・液晶ディスプレイの購入・設置レンタルのことならお任せください!

メールフォームでお問い合わせ

内容確認後、迅速にご返信させていただきます

問い合わせする

お電話でのお問い合わせ

03-6434-7390

受付時間:平日10時〜19時

お問い合わせ 電話でお問い合わせ