• LED TOKYO > ニュース > 映像制作とは? 目的や種類、効果を高める方法などを解説!
映像制作とは? 目的や種類、効果を高める方法などを解説!

映像制作とは? 目的や種類、効果を高める方法などを解説!

公開日:2023.05.19
更新日:2023.05.19
映像制作

情報わかりやすく伝えられる手段として、映像制作を検討している方も多いでしょう。ただ、映像制作の基本を知っておかないと、スムーズに実行できないこともあります。今回は、映像制作の概要をはじめ、目的や種類、効果を高める方法などについて解説します。映像制作の意味をおさらいしたい方もぜひチェックしてみてください。

映像制作とは?

まずは、映像制作の概要をはじめ、目的や種類などについて解説します。

映像制作の概要

映像制作とは、テレビやイベント、映画、ドラマなどの映像を作成することです。インターネットやSNSの普及にともない、YouTubeや動画配信サービス、Facebookなど、さまざまなWeb媒体に向けて、映像制作が行われるようになりました。

最近では、スマートフォンで撮影した動画をアプリで編集して配信媒体にアップロードできる環境が整っており、企業を問わず個人でも映像制作に取り組みやすくなっています。

映像制作の目的

映像制作の目的として代表的なのが、商品・サービスの宣伝です。たとえば、総合電機メーカーのパナソニックはYouTubeのチャンネルでテレビ製品の紹介映像を配信しています。

商品・サービスの宣伝以外の目的として、採用活動のための会社紹介も挙げられます。たとえば、大手通販ショップを運営する楽天は、YouTubeチャンネルで新卒採用のコンセプトムービーを配信しています。

映像制作は、企業の活動を支える重要なプロセスだといえるでしょう。

参考:

くらしスタイルシリーズ 総論篇 30秒(パナソニック公式)

新卒採用コンセプトムービー 「DEAR NEXT GENERATION」(楽天)

映像制作の種類

映像制作の種類は、主に実写映像制作とアニメーション映像制作に分けられます。

実写映像制作による動画は、現実世界の物や人を撮影した映像です。有名なタレントを起用して、商品・サービスに対するイメージアップを狙う戦略を検討できます。

アニメーション映像制作による動画は、イラスト・文字などに動きを加えた動画です。実写では表現できない映像を制作できます。3D技術を駆使することで、撮影できない製品内部の構造をリアルに表現することも可能です。

映像制作の効果を高める方法

Web上で映像を配信する手段がありますが、知名度の低い企業だとメディアを成長させるまで、集客が思うように進みづらいといえます。せっかくよい映像を制作しても視聴してもらえないこともあるでしょう。

その点、映像制作の効果を高めるには、デジタルサイネージを活用することが重要です。

デジタルサイネージは、広告や宣伝に使われるディスプレイです。今では、4K解像度のディスプレイやオシャレなデザインの湾曲ディスプレイなど、さまざまな種類が登場しています。

デジタルサイネージは、駅前や店頭、店内、公共機関などで、さまざまな業界のいろいろな場所で設置されています。

人通りの多い場所や自然と視界に入る場所に設置すれば、スタート段階の企業でも映像制作をした動画を、たくさんの人々に視聴してもらうことが可能です。

最近では、飛び出すサイネージのようにユニークなディスプレイも登場しており、機器自体の魅力で集客することもできます。

一人でも多くの人に自社の商品・サービスの映像を視聴してもらいたい場合は、ぜひデジタルサイネージを活用してみてはいかがでしょうか?

参考:飛び出すデジタルサイネージとは?「新宿東口の猫」がSNSで話題に!

映像制作をスムーズに進める方法

目的や種類などを知って、映像制作に魅力を感じたけれど、ノウハウがないとスムーズに動画を作成できず、後回しになってしまう方もいるでしょう。

また、映像制作にはどのようなデジタルサイネージを選べばよいのか、迷ってしまう方もいるに違いありません。

映像制作をスムーズに進めるには、デジタルサイネージの専門会社に相談する方法を検討できます。

デジタルサイネージの専門会社は、デジタルサイネージの設置販売だけでなく、映像制作にも対応していることがあります。

集客効果の高いデジタルサイネージを導入して、そのまま映像制作した動画を放映できるので、販促活動を効率化できるでしょう。

ただ、デジタルサイネージの専門会社に初めて依頼するのが不安な方もいるはずです。できるだけ実績の高い会社を選んでみてください。

映像制作を依頼するならLED TOKYOに相談

今回は、映像制作の概要をはじめ、目的や種類、効果を高める方法などを解説しました。

映像制作は、テレビやイベント、映画、ドラマ、YouTube動画、Webコマーシャルなどの映像を作成することです。商品やサービスの紹介には欠かせない事業プロセスとなっています。

LED TOKYOでは、LEDサービス累計導入実績No.1のデジタルサイネージ専門会社です。デジタルサイネージの選定・設置・運用管理・保守だけでなく映像制作も受け付けています。

コアビジネスが忙しく、映像制作が後回しになってしまっている方は、ぜひLED TOKYOまでご相談ください。

ニュース一覧へ戻る

お問い合わせCONTACT

LEDビジョン・液晶ディスプレイの購入・設置レンタルのことならお任せください!

メールフォームでお問い合わせ

内容確認後、迅速にご返信させていただきます

問い合わせする

お電話でのお問い合わせ

03-6434-7390

受付時間:平日10時〜19時

お問い合わせ 電話でお問い合わせ