• LED TOKYO > ニュース > 映像制作を依頼するときの予算はどれくらい? コストを抑える方法も解説!
映像制作を依頼するときの予算はどれくらい? コストを抑える方法も解説!

映像制作を依頼するときの予算はどれくらい? コストを抑える方法も解説!

公開日:2023.09.29
更新日:2023.09.29
映像制作

予算とは、計画を実行するために必要な費用を前もって算出した金額です。映像制作でも適切な予算を算出しておかなければ、ビジネスで損失を発生させてしまう恐れがあります。ただ、初めて映像制作を依頼する方であれば、どれくらいの予算を見積もればよいのか、イメージが湧かない方もいるでしょう。そこで今回は、映像制作を依頼するときの予算や、コストを抑える方法などについて解説します。映像制作にかかる費用感を把握したい方、予算が限られている方などはぜひ参考にしてみてください。

映像制作を専門会社に依頼するときの予算

映像制作を専門会社に依頼するときの予算は、プランで決められている場合が多いです。

たとえば、シンプルな映像制作を3~30万円で依頼できるプランや、構成案・シナリオ作成を含めて50万円以上で依頼できるプラン、動画のクオリティを最優先するために120万円以上で依頼できるプランなどです。

映像制作会社によってプランの金額が異なるので、よく比較して無理のない予算を立てられる会社を選択しましょう。

なお、尺の長さによっても料金は変動します。想定する予算として、30秒であれば10万~60万円、1分であれば30万~100万円、3分であれば40万~200万円が目安です。

基本的に映像制作会社に相談すれば、予算内でどれくらいの動画ができるのかを教えてもらえます。現在の予算に不安があれば、ひとまず専門会社に相談してみると、映像制作の方向性が見えてくるはずです。

映像制作の予算はどのくらい必要?相場や内訳、安く抑える方法などを解説

映像制作を低予算でコストを抑えて依頼する方法

資金が限られていてお金をかけずに映像制作を依頼したい場合があるでしょう。ここでは、映像制作を低予算でもコストを抑えて依頼できる方法について解説します。

依頼する作業を調整する

一般的に映像制作における作業工程が増えるほど費用が高くなる傾向にあります。したがって、依頼する作業を調整することで映像制作を安くお願いできる可能性があります。

たとえば、新規動画撮影を依頼せず、あらかじめ用意した写真やイラストを編集してもらえば、予算を抑えやすいです。構成案やシナリオの作成を依頼しない場合も料金が安くなります。
選曲家にBGMを決めてもらうのではなく、著作権フリー音源を使うことで予算を下げることも可能です。

映像制作の予算を抑えたい場合は、依頼する作業を慎重に取捨選択することが重要でしょう。

映像制作をフリーランスに依頼する

最近では、映像制作に詳しい個人のフリーランスが業務マッチングサイトなどで仕事を受注するようになりました。
動画編集やイベント動画制作、アニメーション制作、ミュージックビデオ制作など、さまざまな種類の映像制作を気軽に依頼できます。

マッチングサイトでは、登録しているフリーランスがたくさんいるので、依頼するときの料金設定もさまざまです。

たとえば、実写ショート動画(~15秒)を5,000円程度で請け負っている方や、有料オプションで尺10秒追加を1,000円程度に設定している方も見受けられました。相性がよいフリーランスが見つかれば、相場よりも安く映像制作を依頼できる可能性もあります。

映像制作会社を比較しても料金が高いと感じたときは、個人のフリーランスに依頼を検討してみるとよいでしょう。

映像制作に関連するそのほかの予算

広告や宣伝を目的に映像制作をする方が多いでしょう。当然ながら、映像制作だけをしても情報を視聴者に届けられません。映像を放映することで初めて視聴者に広告や宣伝を行えます。

したがって、映像制作だけでなく放映するときの予算も含めて押さえておく必要があります。

たとえば、バス車内では停留所間の短時間に、運賃表の電子掲示板で簡単な動画広告を放送してくれることがあります。
一例として、3か月間の放映で90,000円の掲出料金が設定されているケースが見受けられました。

バス以外には、駅のデジタルサイネージなどでも映像を放映してもらえます。予算内で無理なく広告・宣伝をしたいのであれば、映像制作を依頼する方法だけではなく、経済的な放映手段もよく比較検討することが重要になるでしょう。

映像制作と放映の悩みはLED TOKYOに相談

今回は、映像制作を専門会社に依頼するときの予算や、低予算でも映像制作を依頼できる方法などについて解説しました。

シンプルな内容であれば数万円程度で依頼できますが、クオリティにこだわると100万円を超えるケースがあります。映像制作会社の料金が高いと感じる場合は、独自の料金体系を設定しているフリーランスへの依頼も検討するとよいでしょう。

なお、映像制作だけでなく放映にも費用がかかります。LED TOKYOは、デジタルサイネージの導入と映像制作の両方をサポートしています。予算の範囲内で、映像制作と放映手段の確保をまとめて相談したい方は、ぜひLED TOKYOまでご相談ください。

Summary
映像制作を依頼するときの予算はどれくらい? コストを抑える方法も解説!
Article Name
映像制作を依頼するときの予算はどれくらい? コストを抑える方法も解説!
Description
映像制作でも適切な予算を算出しておかなければ、ビジネスで損失を発生させてしまう恐れがあります。そこで今回は、映像制作を依頼するときの予算や、コストを抑える方法などについて解説します。映像制作にかかる費用感を把握したい方、予算が限られている方などはぜひ参考にしてみてください。
Author
Publisher Name
LED TOKYO
ニュース一覧へ戻る

お問い合わせCONTACT

LEDビジョン・液晶ディスプレイの購入・設置レンタルのことならお任せください!

メールフォームでお問い合わせ

内容確認後、迅速にご返信させていただきます

問い合わせする

お電話でのお問い合わせ

03-6434-7390

受付時間:平日10時〜19時

お問い合わせ 電話でお問い合わせ