fbpx

NEWS
ニュース

映像制作_一人

映像制作を一人で行うメリット・デメリットは? 必要な準備も解説!

  • 公開日:2023.06.09
  • 更新日:2024.03.12
  • その他

映像制作を始めるときに迷うのが、一人で動画を作成するか、複数人と協力して動画を作成するかではないでしょうか。一人で作成したほうが自由なイメージがある一方で、複数人で作成したほうが安心できるイメージもあります。今回は映像制作を一人で行うメリット・デメリットについて解説します。一人で行うときの準備についても触れているので、映像制作を始める前にぜひご一読ください。

映像制作を一人で行うメリット

一人で行う映像制作と聞くと、心細い印象を受けるかもしれません。実は、一人で行う映像制作にはさまざまなメリットがあります。早速、主なメリットを解説します。

映像制作がスムーズに進められる

一人で映像制作をする場合は、編集者やカメラマンなどの役割を分担しません。また、動画の内容に口出しされることもありません。映像制作のコミュニケーションが不要になるので、スムーズに動画を完成させられます。

自分の内面を関係者に知られずに済む

映像制作の作品には自分の思想が反映されやすいです。ほかの人と一緒に映像を制作すると、隠していた自分の内面が知られてしまうこともあります。その点、一人で映像制作をすれば、関係者の視線を気にせず自由に作品を作れます。

一人で映像制作の仕事を受注できる力がつく

映像制作では、撮影や編集のほかに、録音や照明、衣装、メイク、広報など、さまざまな業務がともないます。一人でそれぞれの工程を経験しておけば、自信を持って映像制作の仕事を引き受けられるはずです。フリーランスとして独立したいなら、一人で映像制作することも検討してみてはいかがでしょう。

映像制作を一人で行うデメリット

映像制作を一人で行うのには、メリットだけでなくデメリットもあります。映像制作を一人で行うデメリットを解説します。

映像制作の負担が増える

一人でできる作業量には限界があるため、ボリュームのある映像を作る場合や、クオリティーが重視される映像を作る場合は、必然的に負担が増えます。映像の質を下げたくないのであれば、各プロセスを分担することも検討したほうがよいでしょう。

機材を一人で準備する必要がある

団体に所属して映像制作を行う場合は、機材を使わせてもらうことができます。その点、一人で映像制作をする場合は、機材を自分で用意しなければなりません。途中で挫折してしまうリスクを考えると、思い切って映像制作にチャレンジしづらい方もいるでしょう。

映像制作を一人で行うときの準備

映像制作を一人で行うときの基本的な準備について解説します。

カメラ

映像制作では、映像を撮影するためのカメラが必要です。簡易的な映像を撮影したいのであれば、家電量販店で購入できるビデオカメラで問題ありません。背景をぼかしたり、暗い場所で撮影したりしたい場合には、一眼レフカメラも検討しましょう。

パソコン

映像制作をするときは動画編集用にパソコンも必要になります。選ぶときの基準としてメモリ容量を見落としなく確認しましょう。動画編集ソフトだけを起動して使うのであれば8GB、複数のソフトを起動したいのであれば16GB以上が望ましいといわれています。

スマートフォン

動画のクオリティーにこだわらず、とにかく映像制作を始めてみたいのであれば、スマートフォンを利用することもできます。スマートフォンで撮影した動画をそのままスマホアプリで編集して、各種動画サイトに投稿することも可能です。

映像制作のインカレでは、初心者が映像制作を始めやすいように、スマホ撮影を許可しているケースも珍しくありません。

なお、スマホで映像制作する初歩的な流れは下記の記事で詳しく解説しています。初めて映像制作を一人で行うときにぜひ参考にしてみてください。

YouTube向けの映像制作について初歩的な流れを解説! スムーズな作成方法や制作会社の料金は?

デジタルサイネージ

映像制作で作成した動画をたくさんの人に公開したいのであれば、デジタルサイネージも役立ちます。デジタルサイネージは、広告や宣伝などに使われるディスプレイ機器です。購入ではなくレンタルすることもできます。屋内・屋外を問わず、イベントで映像を放映する際に導入してみるとよいでしょう。

一人で映像制作するときの放映機材に悩んだらLED TOKYOに相談

今回は一人で映像制作するときのメリット・デメリット、準備などについて解説しました。

一人で映像制作をすれば関係者とのコミュニケーションを減らせるので、スムーズに動画を作成できます。ただし、作業の負担が増えるため、時間がないと動画のクオリティーが低下しがちです。

また、一人で映像制作をするときには機材の準備も必要になります。動画をイベントで公開するのであればデジタルサイネージが便利です。

LED TOKYOでは、デジタルサイネージの導入から映像制作のサポートまで行っています。一人で映像制作をするときの放映機材に悩んだら、ぜひLED TOKYOまでご相談ください。

世界基準のLEDビジョンを圧倒的コスパでご提供!

ご購入はもちろん、レンタルのご相談も歓迎しております。
専門のスタッフによる安心のサポートのもと、お客様に最適な提案をさせていただきます。
是非お気軽にLED TOKYOまでご連絡ください。

RELATED WORKS
関連記事