• LED TOKYO > ニュース > OLEDとは?メリット・デメリット・導入手順を解説
OLEDとは?メリット・デメリット・導入手順を解説

OLEDとは?メリット・デメリット・導入手順を解説

公開日:2023.12.18
更新日:2023.12.18
液晶ディスプレイ

OLEDというと、最新のディスプレイ技術のイメージがあるかと思いますが、実際にはどのようなものであるか理解している人は多くないのではないでしょうか。

この記事では、OLEDの概要やメリット・デメリット、具体的な導入手順について説明します。

OLEDとは

OLEDとは、どのようなデバイスのことをいうのでしょうか?まずは、その仕組みや概要、種類について説明し、LCDとの違いについても解説します。

OLEDの仕組み

OLED(Organic Light Emitting Diode)は、その名の通り有機材料に基づく光るダイオードです。このテクノロジーの魅力は、有機材料が電流を受けると直接光を発するところにあります。ディスプレイは薄いガラスやフレキシブルな素材で構成され、各ピクセルが独自の発光源を持っています。

OLEDの基本的な構造は、陰極(カソード)陽極(アノード)の間に有機薄膜を挟んだものです。電流が陽極から陰極に流れると、有機薄膜がそのエネルギーを受け取り、電子が放出されます。これらの電子が有機材料に衝突することで、有機分子が励起され、その結果、光が発生します。

この仕組みにより、OLEDは従来の液晶ディスプレイよりも薄く、柔軟性があります。また、ピクセル単位での光の発生なので、コントラスト比や色再現性が非常に優れています。各ピクセルが自ら発光するため、バックライトが不要で、真っ黒な表示が可能です。

OLEDの仕組みは、先進的なディスプレイ技術として広く採用され、スマートフォン、テレビ、ウェアラブルデバイスなど様々な製品に利用されています。その革新的な特性から、高い映像品質とデザインの自由度を追求する分野で重要な存在となっています。

LCDとの違い

OLED(有機EL)ディスプレイ液晶ディスプレイ(LCD)は、ディスプレイ技術の中で異なるアプローチを取ります。まず、最大の違いはバックライトの有無です。LCDはバックライトを使用して画面を照らし、液晶パネルを通して光を制御しています。これに対して、OLEDは各ピクセルが独自に発光するため、バックライトが不要です。

この違いにより、OLEDは薄型化と柔軟性に優れ、デザインの自由度が高まります。一方で、LCDはバックライトのために一定の厚みが必要で、柔軟性に制約があります。また、OLEDの方が視野角が広く、どの角度からでも鮮明な映像が楽しめます。これに対して、LCDは視野角によって色や明るさが変化することがあります

さらに、動画や高速な映像においては、OLEDが優れた応答速度を持っています。ピクセルが瞬時に光を発するため、動きのある映像にも滑らかに対応します。一方で、一部のLCDは応答速度が低く、高速な動きに追従するのが難しい場合があります。

価格面では、初期の段階ではOLEDが高価でしたが、技術の進歩により価格が下がりつつあります。しかし、依然としてLCDが低価格な選択肢として存在しています。利用環境や予算に応じて、OLEDとLCDの特性を比較検討することが重要です。

OLEDの特徴

OLED(有機EL)ディスプレイは、その独自の特徴により、画面技術の進化を牽引しています。まず第一に挙げられる特徴は、薄型で柔軟なデザインが可能なことです。有機材料が柔軟であり、各ピクセルが自己発光するため、薄型で曲げられるディスプレイを実現しています。これにより、従来の剛直な形状にとらわれない新しいデバイスのデザインが可能になりました。

また、視野角の広さもOLEDの特徴の一つです。液晶ディスプレイと比較しても、ほぼどの角度からでも鮮明で鮮やかな映像を提供します。この特性は、グループで映像を共有する場面や、大画面ディスプレイの利用において優れた利点となります。

さらに、OLEDはピクセル単位で光を発するため、高いコントラスト比と色再現性を実現しています。真っ黒な表示が可能なため、映像の細部が際立ち、臨場感あふれる映像を提供します。これにより、映画やゲームなどエンターテインメント体験が飛躍的に向上します。

OLEDの特長はその先進性にあり、これが様々なデバイスに採用される理由の一つとなっています。高い品質の映像、柔軟性、デザインの自由度、これらがOLEDの特徴として挙げられ、現代のディスプレイ技術を牽引しています。

OLEDの種類

OLED(有機EL)ディスプレイには、その用途や構造に応じて異なる種類が存在します。一般的には、主に以下の二つの種類に分類されます。

  • PMOLED
  • AMOLED

これらについて、詳しく解説します。

PMOLED(Passive Matrix OLED)

PMOLEDは比較的シンプルな構造を持ち、低コストで製造されることが特徴です。各ピクセルに対して電圧をかけ、それによって発光させる方式を採用しています。しかし、大規模なディスプレイには向かず、小型のデバイスやウェアラブルデバイスなどに採用されています。カラフルな表示が可能であり、低消費電力なのが利点です。

AMOLED(Active Matrix OLED)

AMOLEDは、各ピクセルにアクティブマトリクス駆動を採用し、高い画質と応答速度を実現しています。スマートフォンやテレビなど大画面のディスプレイに利用されており、高い解像度とリアルな色再現性が魅力です。AMOLEDは、各ピクセルに対して独立した電流源があるため、精密な制御が可能で、動画や高速な映像にも適しています。

OLEDディスプレイのメリット

OLEDには、以下のようなメリットがあります。

  • 画質がいい
  • 薄型
  • 消費電力が少ない
  • 視野角が広い

ここからは、これらのメリットについて詳細に解説します。

メリット1:画質が極めて高い

OLEDディスプレイの最大の利点は、その驚くべき高画質性能です。各ピクセルが自己発光し、必要なときだけ点灯する仕組みにより、真の黒色を表現でき、これが高いコントラスト比をもたらします。暗い場面では深い黒、明るい場面では鮮やかで際立った発色が得られ、これが映画やゲーム、写真などあらゆる視覚コンテンツで没入感を生み出します。

また、液晶ディスプレイとは異なり、色の再現性も非常に優れています。広色域をサポートし、自然な色味や細かいニュアンスまで忠実に再現するため、プロフェッショナルな画像や動画制作にも適しています。この高い色再現性は、デザインや映像編集などのクリエイティブな作業において、正確な色情報の表現が求められる場面で大きなアドバンテージとなります。

さらに、OLEDの応答速度も非常に優れており、動きの速いシーンでもブラーが発生しにくいため、スポーツ中継やアクションゲームなどでも優れた映像体験が得られます。これらの特性により、OLEDディスプレイは卓越した画質を求めるユーザーやプロフェッショナルにとって、優れた選択肢となっています。

メリット2:コンパクトで省スペース

OLEDディスプレイはその薄型かつ柔軟な構造により、優れたコンパクト性と省スペース性を提供しています。伝統的な液晶ディスプレイと比較して、OLEDは薄さが際立っており、フレキシブルな素材を使用することで曲げられる特性があります。この柔軟性により、従来の剛直な形状にとらわれない新しいデバイスのデザインが可能となり、例えば曲面テレビや折りたたみ可能なスマートフォンなど、革新的な製品が登場しています。

特に、モバイルデバイスにおいては軽量で薄いデザインが求められますが、OLEDディスプレイはその特性からスマートフォンやタブレットなどの機器に適しています。また、大型のテレビやモニターにおいても、薄型な構造がスペースを節約し、インテリアにも馴染みやすくなります。省スペース性は特に限られた空間を最大限に活用する必要がある状況で重要であり、OLEDディスプレイはその点で優れています。

さらに、柔軟性によりディスプレイの形状に変化を与えることができるため、様々なアプリケーションにおいてデザインの自由度が向上します。これは、ウェアラブルデバイスや自動車内ディスプレイなど、特定の形状にフィットする製品の開発においても大きな利点となっています。総じて、コンパクトで省スペースなデザインが求められる多岐にわたる用途において、OLEDディスプレイは新たな可能性を切り拓いています。

メリット3:消費電力が少ない

OLEDディスプレイは、その特有の仕組みにより優れた省エネルギー性を誇ります。最大の特徴は、各ピクセルが独自に発光するため、表示されていない部分は完全に電源を切ることができることです。特に、真っ黒な画面ではピクセルが一切点灯せず、ほとんど電力を消費しません。これに対し、液晶ディスプレイはバックライトが常に点灯しており、背光を抑えるためにも一定の電力が必要です。この仕組みにより、OLEDディスプレイは動的なコンテンツやダークモードを活用する際においても、驚くほど低い消費電力を実現しています。

特にモバイルデバイスにおいては、バッテリー駆動の機器が広く使用されていますが、OLEDの低消費電力はこれらのデバイスにおいて大きなアドバンテージとなります。スマートフォンやタブレットなどで、画面の明るさを下げたり、エネルギー効率の高い表示をすることで、バッテリー寿命を延ばすことができます。さらに、大画面のテレビやモニターでも、OLEDディスプレイの低消費電力はエコフレンドリーな選択肢として注目されています。

メリット4:視聴者の立ち位置の自由度が高い

OLEDディスプレイは、その広い視野角により、視聴者が画面を見る位置に制約を与えません。通常、液晶ディスプレイでは斜めから見ると色や明るさが劣化することがありますが、OLEDは各ピクセルが自己発光するため、どの角度からでも一貫して鮮明な映像を提供します。この特性は、大型のテレビやモニター、デジタルサイネージなど、視聴者が様々な角度から情報を得る場面において大きな利点となります。

例えば、家庭のリビングルームでは家族が異なる位置からテレビを観ることが一般的です。OLEDディスプレイは、正面から見るだけでなく、斜めや横からも高品質な映像を提供するため、視聴者の好みや座り方に合わせた柔軟な使い方が可能です。これは、友達や家族と共有するエンターテインメント体験を向上させ、一つの画面を中心に視聴者が自在に動ける環境を生み出します。

また、デジタルサイネージや展示会場、商業施設などでは、視聴者が自由な位置から情報を得ることが求められます。OLEDの広い視野角は、多くの人が同時にディスプレイを見ることができるため、情報発信の効果を高めます。この自由度の高さは、インタラクティブなコンテンツや広告、情報提示など、多岐にわたるアプリケーションにおいて優れたユーザーエクスペリエンスをもたらします。

OLEDディスプレイのデメリット

OLEDの主なデメリットは、以下の通りです。

  • 暗い
  • 高価
  • 焼き付きが起こりやすい
  • 商品ラインナップが少ない

デメリット1:暗い

OLEDディスプレイの一つのデメリットは、暗い画面において発生する発光不足です。この問題は、同じ画面に長時間静止画像が表示される場合に特に顕著に現れます。ディスプレイ上の静止画像において、一部のピクセルが過度に発光し続けることで、その領域の有機材料が劣化し、周囲よりも明るさが低下します。結果として、コントラストが低下し、画面が暗くなるという課題が生じます。

これに対処するためには、定期的に画面の表示内容を変更するか、画面の明るさを調整することが勧められます。特に、テレビやモニターなど長時間使用されるデバイスにおいて、画面の管理と適切な使用が求められます。しっかりとしたケアと使用ガイドラインの遵守により、このデメリットに対処できる一方で、注意が必要なポイントとなります。

デメリット2:高価

OLEDディスプレイの次のデメリットは、高価である点です。高価であることは、製造プロセスにおける高度な技術と専門的な素材の使用に起因しています。特に大型のテレビやプロ用途のモニターなど、高い解像度や色再現性が求められるディスプレイは、高い製造コストを伴います。これにより、OLEDディスプレイ搭載の製品は液晶ディスプレイなどに比べて初期投資が大きいため、一般消費者にとっては負担となることがあります。

高価であるというデメリットは、特に大型ディスプレイの市場において鮮明に現れます。家庭用テレビやプロフェッショナルなモニターなど、大画面で高品質な映像が要求されるシーンでは、高い性能が求められる反面、製品価格もそれに比例して高くなります。ただし、技術の進歩や競争の激化により、将来的には価格が引き下げられる可能性もあります。OLEDディスプレイの需要が拡大すれば、量産による経済効果が期待され、価格が比較的手頃になる可能性があります。

デメリット3:焼き付きが起こりやすい

画面に焼き付きが生じやすいという点もデメリットの一つです。焼き付きは、同じ画像や要素が長時間表示されることにより、特定のピクセルや領域が劣化し、それが画面上に残る現象です。特に、静止画像や同じ表示が頻繁に行われるアプリケーションにおいて、この問題が発生しやすくなります。

例えば、ゲームのスコアボードやテレビのニュースのロゴなどが一定の場所に表示される場合、その領域のピクセルが過剰に使用され、焼き付きが発生するリスクがあります。メーカーは画面シフト技術や画素の均等な使用を促進する機能を組み込むことで、焼き付きのリスクを軽減していますが、完全に防ぐことは難しい場合もあります。

この焼き付きは一度発生すると、その影響が持続的であり、画面が変色したり、不均一な明るさが生じる可能性があります。ユーザーは、画面の表示を定期的に変更したり、明るさを下げたりすることで、焼き付きの予防策を講じる必要があります。ディスプレイの長寿命性を損なわないよう、慎重な使用とメンテナンスが求められる点が、焼き付きのデメリットと言えます。

デメリット4:寿命が短い

OLEDディスプレイのもう一つの大きなデメリットは、その寿命が比較的短いという点です。OLEDは有機材料からなるため、長時間の使用や経年劣化により、画面の明るさや色の劣化が進行します。通常の使用環境では数年間は問題なく利用できますが、時間の経過とともに性能が低下し、画面の品質が劣悪化することが予想されます。

特に、同じ画面に長時間同じ画像が表示される場合、焼きつきとの関連で寿命の短縮が懸念されます。これは、静止画像や定常表示のアプリケーションにおいて、劣化が速くなる可能性があります。テレビやモニターなど、長時間使用が求められるデバイスにおいては、寿命の短さがデメリットとして浮き彫りになります。

また、高価な製品であるため、ユーザーは寿命の短さに対処するために慎重な使用とメンテナンスが必要です。ディスプレイの寿命を延ばすために、画面の明るさを適切に調整し、画面の表示内容を定期的に変更するなどの配慮が求められます。これにより、ユーザーはOLEDディスプレイの寿命の短さに対処しながらも、その高画質性能を最大限に享受することができるでしょう。

デメリット5:商品ラインナップが少ない

OLEDディスプレイの5つ目のデメリットとして、その商品ラインナップが他のディスプレイ技術に比べて限られている点が挙げられます。製造プロセスの高度な技術とコストの要因から、まだまだ多くのメーカーがOLEDディスプレイの製造に参入していない実情があります。そのため、サイズや機能のバリエーションが液晶ディスプレイなどに比べて少なく、ユーザーは選択肢が制限されることがあります。

特に大型テレビやプロフェッショナルなモニターなど、高性能かつ高解像度を求める需要が高い製品は、まだまだOLEDディスプレイの技術が浸透していないため、選択肢が限られています。これは、一般消費者が好みや用途に合った製品を見つける際に、制約を与える一因となります。

ただし、需要の拡大や技術の進歩により、将来的には多様な商品が登場する可能性があります。特に、OLEDディスプレイの優れた画質や薄型デザインが評価され、市場の拡大が進む中で、メーカーが新たな製品を投入することで、バリエーションが増えることが期待されます。しばらくは選択肢が少ないという制約もあるものの、将来的には多様なOLEDディスプレイ製品が市場に登場するでしょう。

OLEDの設置箇所

OLEDはどのような場所に適しているのでしょうか。ここではOLEDの設置箇所について解説します。

1:オフィス内

会議室ではOLEDディスプレイが重要なプレゼンテーションツールとして活用されています。高い色再現性や高コントラスト率により、プレゼンターは鮮明かつリアルな映像を参加者に提供でき、情報の理解度が向上します。また、ディスプレイの薄型デザインは空間を有効活用し、モダンで清潔感のある印象を与えます。

一方で、共有スペースやロビーエリアでは、オフィスメンバーへの大切なお知らせや最新情報を即座に伝達するためにOLEDが採用されています。動的で目を引くディスプレイは、スケジュールや重要なアップデートを効果的に表示し、社内コミュニケーションを活性化させます。

さらに、従業員向けのトレーニングや教育プログラムもOLEDを活用しています。高解像度の映像と臨場感ある表示は、トレーニングコースやインタラクティブな教育コンテンツにおいて、情報の定着性を向上させます。これにより、従業員はより効果的にスキルを磨くことができます。

総じて、オフィス内でのOLEDディスプレイの設置は、情報伝達の効率向上やビジュアルコミュニケーションの最適化に貢献しています。その先進的な特徴は、オフィス環境をより生産的で魅力的な場所に変え、従業員のモチベーションや協力意欲を向上させています。

2:駅構内

駅構内でのOLEDディスプレイの利用は、旅行者や通行者に対して情報提供や広告展示など様々な目的で効果的に活用されています。その特長的な利点が、駅構内の多様な場所で展示されるコンテンツにおいて際立っています。

まず、駅の発着案内や時刻表といった基本的な情報提供において、OLEDディスプレイは高解像度で明瞭な表示を実現し、利用者に迅速で正確な情報を提供します。鮮やかな色彩や高いコントラストにより、目を引く情報提示が可能であり、混雑した駅構内でも情報の把握が容易です。

同時に、駅構内では広告が欠かせない要素であり、OLEDディスプレイはその表現力豊かな画質によって広告効果を最大化します。動的な広告コンテンツやインタラクティブな要素を組み合わせ、視聴者の注意を引きつけることができます。これにより、広告主は駅構内の数多くの通行者に対して魅力的なメッセージを伝えることができます。

また、特定のエリアや店舗への案内やプロモーションもOLEDディスプレイが担当しています。リアルタイムな情報更新やマップ表示により、駅内の複雑な構造でも利用者は迷うことなく目的地に到達できます。同時に、店舗や施設が提供するサービスや特典情報を分かりやすく伝え、利用を促進する役割も果たしています。

3:電車やバスの車内

電車やバスの車内でのOLEDディスプレイの活用は、移動中の利用者に対して情報提供やエンターテイメントの向上を図るために採用されています。これらの車両内でのOLEDディスプレイの導入は、快適な乗車体験を提供する一方で、情報発信や広告媒体としても効果的です

まず、OLEDディスプレイは車内の広告媒体として効果的に利用されています。高い色再現性やコントラストが、小さなスペースでも視覚的に訴えかけやすくします。これにより、乗客は広告メッセージを覚えやすく、ブランドの印象を深めることができます。動画広告やスライドショー形式の広告は、短い時間で多くの情報を伝えるのに適しています。

さらに、車内の案内や運行情報の提供にもOLEDディスプレイが利用されています。リアルタイムな運行情報や次の駅の案内、天気予報などが表示され、乗客はスムーズで安心な移動ができるようサポートされます。大きな文字や視認性の高いデザインは、車内が揺れる中でも情報を確認しやすくしています。

さらに、エンターテイメントの向上もOLEDディスプレイの役割の一つです。長時間の移動中、乗客に映画や番組、ニュースなどのコンテンツを提供し、快適な時間を提供します。個々の座席に搭載されたディスプレイを活用すれば、個人の好みに合わせたカスタマイズされたエンターテイメント体験が可能です。

4:ショッピングモール内

ショッピングモール内でのOLEDディスプレイの活用は、顧客の注目を引きつけ、店舗やブランドのプロモーションを強化するために重要な役割を果たしています。以下に、ショッピングモールでのOLEDディスプレイの活用に関する説明を提供します。

まず第一に、OLEDディスプレイはショッピングモール内の各店舗やエリアでの広告に利用されています。高い解像度と色鮮やかな表示は、商品やサービスの魅力を効果的に伝えることができます。デジタルサイネージや大型ディスプレイを使用して、季節ごとの新商品やセール、特別なイベントを目立たせ、来場者の興味を引きます。

また、OLEDディスプレイはインタラクティブな要素を組み込むことができ、来場者とのエンゲージメントを促進します。タッチスクリーンやセンサー技術を組み合わせることで、顧客が製品情報を詳細に知るだけでなく、デジタルカタログやプレゼンテーションを通じて製品を仮想的に体験することも可能です。

さらに、ショッピングモール内の共有スペースや休憩エリアにおいてもOLEDディスプレイは活用されています。ここでは、イベント情報や地元コミュニティの活動、文化的なイベントなどがディスプレイを通じて視覚的に伝えられ、来場者の滞在を豊かなものにします

OLEDの導入手順

OLEDは品質がよく他ではできない表現ができるデバイスですが、どのような手順で導入できるのでしょうか。ここからは、具体的な導入手順について解説します。

 

手順1:導入目的を明確にする

OLEDの導入を開始するにあたり、まず最初に行うべき手順は導入の目的を明確にすることです。どのような目的でOLEDを導入するのか、その目標や期待する効果を具体的に定義することが重要です。例えば、広告表示の効果向上、情報提供の効率化、顧客満足度の向上など、具体的で計測可能な目標を設定します。

この段階では、関係者との協力やコミュニケーションも重要です。導入目的をクリアにし、関係者が共有することで、導入後の成果を最大化しやすくなります。目的が共有されることで、プロジェクトの方向性を明確にし、期待値を実現するための具体的な計画を策定することが可能となります。

手順2:設置場所を決める

OLEDを導入するにあたり、次に重要なのはディスプレイをどの場所に設置するかを決定することです。設置場所の選定は、目的や視聴者、周囲の環境などを考慮して行われます。

まず、導入目的に合致する場所を選定します。例えば、広告表示の強化を目的とする場合は、ショッピングモールの主要エリアや駅構内の目立つ場所が適しています。一方で、情報提供が主眼の場合は、受付や案内所、共有スペースなどが選択されるでしょう。

また、視聴者の動線や利用状況も考慮しながら、ディスプレイの配置を検討します。高い視認性が確保され、利用者が自然に目にすることができる場所が望ましいです。さらに、設置場所の照明状況や空間デザインも考慮することが重要です。OLEDディスプレイの特性を最大限に引き出すためには、周囲の環境に合わせた適切な明るさやカラーバランスを考慮します。

これらの要素を総合的に考え、設置場所を検討することで、OLEDの効果を最大限に発揮することが可能となります。

手順3:機器の導入

機器の導入は、OLEDを実際に導入場所に設置する段階です。まず、選定された場所にOLEDディスプレイや必要な周辺機器を設置します。この際、設置作業は専門の技術者や資格を持つ専門業者に依頼することが一般的です。機器の正確な設置は、将来的なトラブルや問題の予防につながります。

導入された機器は、必要に応じてネットワークに接続され、適切な設定が行われます。これにより、リアルタイムの情報更新やリモートでの管理が可能になります。また、OLEDディスプレイが提供する機能や操作方法について、関係者や利用者に向けてトレーニングや説明が行われることが重要です。

さらに、導入後はシステムの安定性や機能の正常動作を確認するためのテストが行われます。可能であれば、試験運用やユーザーフィードバックを取り入れながら、最終的な調整を行います。これにより、導入されたシステムが期待通りの性能を発揮し、利用者にとってスムーズで快適な体験が提供されることが確保されます。

手順4:導入効果を分析する

機器の導入が完了したら、次に重要なステップは導入効果を分析することです。まず、導入前のデータと比較し、導入後の変化や効果を定量的・定性的に評価します。まずは、利用者からのフィードバックを積極的に収集し、導入による利便性向上や満足度の変化を把握します。アンケート調査や定期的なユーザーインタビューを通じて、直接的な意見を取得します。

次に、導入後のデータを詳細に分析して、例えば広告表示のクリック率や情報提供の効果などを定量的に測定します。これにより、目標達成度や改善の余地があるかどうかを確認します。さらに、万が一のトラブルが発生した場合、これを早期に検知し迅速に対処します。定期的なメンテナンスやソフトウェアの更新も実施し、システムの安定性を確保します。

加えて、導入にかかるコストと得られる効果を比較し、コスト対効果の評価を行います。これにより、将来的な予算編成や改善施策の検討に役立ちます。最終的な分析結果をもとに、導入の成功要因や課題を洗い出し、今後の戦略や改善点を明確にします。このステップはサイクル的に継続的に行われ、システムが効果的に運用されるように継続的な改善が行われます。

OLEDディスプレイを効果的に活用しましょう!

OLEDを活用することで、さまざまな場面でその強みを活かした映像表現が実現します。ただし、OLEDは万能ではないため、そのメリットやデメリットをしっかり理解した上で設置場所や活用方法を検討する必要があります。

OLEDの活用に関して相談があれば、LED TOKYOまでお気軽にご相談してください。機器の貸し出しやクリエイティブの作成など、映像ビジネス全般でサポートができるので、率直な悩みにお答えして具体的な提案方法まで一緒に考えることができます。

Summary
OLEDとは?メリット・デメリット・導入手順を解説
Article Name
OLEDとは?メリット・デメリット・導入手順を解説
Description
OLEDというと、最新のディスプレイ技術のイメージがあるかと思いますが、実際にはどのようなものであるか理解している人は多くないのではないでしょうか。 この記事では、OLEDの概要やメリット・デメリット、具体的な導入手順について説明します。
Author
Publisher Name
LED TOKYO
ニュース一覧へ戻る

お問い合わせCONTACT

LEDビジョン・液晶ディスプレイの購入・設置レンタルのことならお任せください!

メールフォームでお問い合わせ

内容確認後、迅速にご返信させていただきます

問い合わせする

お電話でのお問い合わせ

03-6434-7390

受付時間:平日10時〜19時

お問い合わせ 電話でお問い合わせ