AIに質問

News

LEDビジョンLEDビジョンの価格 │ 購入とレンタル・液晶ビジョンやプロジェクターと比較した際のメリットは?

LEDビジョンの価格 │ 購入とレンタル・液晶ビジョンやプロジェクターと比較した際のメリットは?

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

店舗や会場などにLEDビジョンの導入を考えた場合、費用がネックと考える方も少なくないでしょう。一般家庭で用いられている液晶ビジョンと異なり、LEDを採用することで高精細な画面を実現したLEDビジョンは非常に高価格な商品と思われがちです。

LED TOKYOでは国内最安値でLEDビジョンを提供しています。LED TOKYOのLEDビジョンの採用は、高品質なLEDビジョンを最も安く導入する方法の一つです。

また、短期間の運用となる場合はLED TOKYOのレンタルサービスを利用すれば費用を大幅に抑えられます。

今回はLEDビジョンの価格について、また液晶ビジョンやプロジェクターではなくLEDビジョンを導入すべき理由について、整理します。

LEDビジョンの購入・レンタルそれぞれの価格は?

手短に価格をご紹介すると、LEDビジョンを購入する場合は屋内用で10万円程度から、屋外用で40万円程度からが初期費用の目安となります。

また、レンタルの場合はレンタル会社により価格が異なりますが、LED TOKYOではLEDビジョン1枚につきキャンペーン価格として1日1枚6,000円から提供しています。

購入とレンタル、それぞれの価格について、ここでは詳しく見ていきます。

デジタルサイネージの価格 │ 導入費用・ディスプレイ区分・屋内と屋外・レンタルの場合・ランニングコストにも注意

デジタルサイネージはレンタルと購入どちらがお得?キャンペーン価格・導入事例

購入の場合:屋内用で10万円程度、屋外用で40万円程度から

LEDビジョンには屋内用と屋外用があります。基本的な仕組みは変わりませんが、屋外用LEDビジョンは屋内用と比べて防水・防塵性能に優れており、また輝度についても太陽光の下でもしっかり映像の映る明るさを持っています。

屋外用のLEDビジョンは、こうした性質を実現するために屋内用に比べて製造コストがかかります。結果として、価格も高くなります。

LEDビジョン本体の初期費用では、屋内用のLEDビジョンは10万円程度から、屋外用のLEDビジョンは40万円程度から、というのがひとつの目安となります。

また、LEDビジョンの導入には、コンテンツを送るセットトップボックス(STB)という装置も必要です。こちらは性能により異なりますが、1万円から10万円程度で販売されています。

初期費用以外には、再生するコンテンツを管理するコンテンツマネジメントシステム(CMS)の利用料が必要です。こちらは月額4,000円〜10,000円程度の料金設定が多くなっています。

合わせて電気代もかかるため、LEDビジョンを見積もる際にはこれらの費用を全て計算に入れることが大切です。

レンタルの場合:短期間の運用に最適、1日1枚6,000円から

LEDビジョンを購入する場合は最低でもLEDビジョンとSTBの購入費用が2万円、CMS利用料が月額4,000円、それに電気代といった各種費用がかかります。ただし、短期間の運用のみを予定している場合にはレンタルが最適となります。

LED TOKYOではLEDビジョンの販売だけでなくレンタルも取り扱いがあり、高品質のLEDビジョンを1日1枚から貸し出しています。

現在の価格は、屋内用LEDビジョンでは500×500mmのものがキャンペーン価格1日1枚6,000円から、屋外用LEDビジョンでは500×500mmのものがキャンペーン価格1日1枚9,000円からとなっています。イベント経費としても、購入と比較した場合でも、かなりの低価格であると言えるでしょう。

液晶ビジョン・プロジェクターとの違い

LEDビジョン液晶ビジョンやプロジェクターには、具体的にどのような違いがあるのでしょうか。

安価に導入できる液晶ビジョンは一般家庭のテレビやパソコン用モニタなどで広く用いられていますが、LEDビジョンほどの視認性はありません。

また、プロジェクターは設置場所が限定されます。LEDビジョンほどロケーションに融通が利かないことがデメリットとなります。

続いて、これら2種類の製品と比べたLEDビジョンの特長について解説します。

液晶ビジョンとの違い:約5倍以上の明るさ

一般的に家庭で用いられている液晶ビジョンの明るさは400カンデラ程度ですが、LEDビジョンは屋内用のものでも約2,000カンデラ程度の明るさを持っています。このため視認性に優れ、多少光源の足りない環境においても鮮明な映像を再生できるのが特長です。

屋外用のLEDビジョンであれば、太陽光に晒された状態で運用することを前提に作られているため、液晶ビジョンの10倍となる約4,000カンデラ程度の明るさを持っています。白昼でも鮮やかな映像が届けられるため、デジタルサイネージやビジョントラックなどの媒体でLEDビジョンは幅広く用いられています。

プロジェクターとの違い:設置場所に困らない

プロジェクターは小さい筐体から大きな画面を投影できますが、投影するための平面が必要です。また、投影面からある程度の距離を置いた場所に遮蔽物のない状態で設置しないといけないため、ある程度の空間の確保も必要です。

対照的に、LEDビジョンは設置場所に制限がありません壁や床、天井、さらには窓に設置できるタイプも存在します。設置場所の意外性から大きなインパクトを生み出すことも可能でしょう。

プロジェクターはその性質上、映像がどうしてもかすんでしまいますが、LEDビジョンであればLEDによる鮮やかな映像を明るく再生できます。

プロジェクターとLEDディスプレイどちらを導入すべき?失敗しないデジタルサイネージの選び方

利用シーンに合ったLEDビジョンと価格

ここまでLEDビジョンの価格とメリットをいくつかご紹介しましたが、実際にLEDビジョンを運用する場合はどのようなステップが考えられるでしょうか。

ここでは屋内と屋外、それぞれの利用シーンに分けて最適なLEDビジョンとその価格をご紹介します。

屋内の場合:購入なら10万円、レンタルなら6,000円から

屋内の店舗や展示会などの会場でLEDビジョンを運用する場合は、屋内用LEDビジョンの導入が最適です。

屋内用LEDビジョンを購入する場合は、LED TOKYOの場合であれば本体代10万円、STB代1万円、CMS代月額4,000円からが基本的な費用となります。

レンタルの場合、LED TOKYOではキャンペーン価格を設定しており、例えば500×500mmの屋内用LEDビジョンを1日1枚6,000円にて貸し出しています。

LED TOKYOにはこの他にもさまざまな種類のLEDビジョンがあり、要望に応じた製品を販売あるいは貸し出ししています。まずはお気軽にLED TOKYOまでご相談ください。

屋外の場合:購入なら40万円、レンタルなら9,000円から

屋外の屋台型店舗やイベント会場・ライブ会場でLEDビジョンを運用する場合は、屋外用LEDビジョンの導入が最適です。

屋外用LEDビジョンを購入する場合は本体代40万円、STB代1万円、CMS代月額4,000円からが主な費用となります。

レンタルの場合、屋内用同様、LED TOKYOではキャンペーン価格を設定しています。例えば、500×500mmの屋内用LEDビジョンであれば1日1枚9,000円にて貸し出しています。

屋外用は屋内用と比較して多少費用がかさみますが、その分屋内用LEDの約2倍程度の明るさを持っています。利用シーンに合わせて適切なLEDビジョンを選ぶことで、プロモーションや情報提供に利用する場合もより良い効果が期待できます。

LEDビジョンの国内最安値はLED TOKYO

LED TOKYOでは、国内最安値にてLEDビジョンを提供しています。

最安値というだけではなく、高品質なLEDビジョンを多数取り扱っています。LED TOKYOのLEDビジョンは実際に、イベント会場、ライブ会場、メディアファサードなどのさまざまなシーンで採用されています。

またLED TOKYOでは、LEDビジョンの提供だけでなく再生するコンテンツの製作にも対応しています。LEDビジョンの導入から運用開始まで総合的なサポートも可能です。

LEDビジョンが気になる場合には、まずはLED TOKYOにご相談ください。

導入事例

LEDビジョンの販売価格について

LEDビジョンの購入・設置
レンタルのことならお任せください

メールフォームでのお問い合わせ

内容確認後、迅速にご返信させていただきます

お電話でのお問い合わせ

受付時間:平日10時〜19時