News

事例紹介JR最大級44面の液晶ディスプレイで印象的な通路に!「品川駅 自由通路」

JR最大級44面の液晶ディスプレイで印象的な通路に!「品川駅 自由通路」

日々進化し続けているLEDビジョンをご紹介していますが、“液晶ディスプレイ”の分野においても技術革新は進み、高精細の映像が表現出来るだけでなく軽量化され、社会の様々なところに設置されています。

 

液晶ディスプレイの特徴

液晶ディスプレイは、テレビやPCのモニターとして開発が進んだこともあり、より綺麗で薄く軽いところに特徴があります。

それに伴い、規格やサイズに制限があるので、より細かい情報を伝えたい時には液晶ディスプレイ、より大きく表示したい時にはLEDビジョンが使用されていることが多いです。

液晶ディスプレイは、デジタルサイネージとして、駅や空港、商業施設など人通りの多い場所にて見ることが出来ます。

デジタルサイネージとは、従来の看板や紙のポスターなどの代わりとして、映像で広告を発信している液晶ディスプレイやLEDの総称です。

 

JR品川駅「自由通路」の液晶ディスプレイ

JR品川駅の中央改札口から新幹線乗り場や港南口へ向かう「自由通路」には、JR最大規模の44面の液晶ディスプレイが設置されています。

こちらは1面70V型(縦1538.9mm×横865.6mm)の液晶ディスプレイを採用し、高所に設置することで通路としての役割を担ったまま、サイネージの情報を訴求できるスペースとなっています。

品川駅は、1日に37万以上の利用者を有し、2017年には平均乗車人数ランキングで5位に入るなど、全国屈指の巨大ターミナルです。

「自由通路」はこの液晶ディスプレイの設置で、美しい映像で迫力のあるコンテンツや広告を放映しており、行き交う人々に印象的な空間を提供しています。

 

LED TOKYO

LED TOKYOでは、大型LEDビジョン、屋外用、屋内用、床用、湾曲型、透過型、ボール型などのほか、液晶ディスプレイなど豊富なラインナップを揃えています。

また、大手中国メーカーから直接仕入れることで、他社には難しい圧倒的コストパフォーマンスを実現しております。

最高最良のLEDビジョン・液晶ディスプレイを、最安値で導入出来るのは、LED TOKYOだけです。

 

各種「LEDビジョン」のラインナップはこちらから。

導入をご検討の際は、LED TOKYOまでお問合せ下さい。