AIに質問

News

LEDビジョン電子看板(デジタルサイネージ)は導入するべき?メリット・デメリットをアナログ看板と徹底比較

電子看板(デジタルサイネージ)は導入するべき?メリット・デメリットをアナログ看板と徹底比較

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

近年、看板の新しい形として電子看板(デジタルサイネージ)の普及が進んでいます。

電子看板はアナログの看板に比べて多様な情報発信ができるというメリットがあります。一方、アナログ看板よりも費用がかかるため、導入の際には予算や機能を比較し、検討する必要があります。

この記事では電子看板とアナログの看板の特徴を比較し、それぞれのメリット・デメリットをご紹介します。

電子看板とは?

電子看板とは、LEDビジョンなどの電子媒体を用いて情報を表示する看板を指します。

英語で言えばデジタルサイネージですが、特に宣伝を目的として設置されるディスプレイ装置を電子看板と呼ぶことが多いようです。

電子看板(デジタルサイネージ)を設置するために必要なもの

電子看板(デジタルサイネージ)を設置するためには、専用のLEDビジョン等のディスプレイと、表示する画像や動画を格納するセットトップボックス(STB)の購入、表示する画像や動画の順序や時間ごとに異なる画像や動画を表示できるように管理するコンテンツマネジメントシステム(CMS)への登録が必要です。

そのため、初期費用として屋内用で10万円程・屋外用で40万円程に加え、CMSの利用料として月額4,000〜10,000円程が必要となります。

電子看板(デジタルサイネージ)の導入例:GRAND HARAJUKU

電子看板(デジタルサイネージ)を効果的に活用している例として、「GRAND HARAJUKU」という建物があります。

通行人の多いロケーションの建物にLEDビジョンによるデジタルサイネージを設置したこちらの事例では、映像によるPR広告が多くの人の目を引いています。

株式会社GRANDDESIGN / 屋外用LEDビジョン

アナログ媒体のメリット・デメリット

紙や板等のアナログ媒体を用いる昔ながらの看板は、広告、宣伝、告知のために最も手軽に活用できるため、店舗だけではなく行政機構等でも数多く利用されています。

しかし、電子看板(デジタルサイネージ)とは異なり内容を書き換えられないなどのデメリットも存在します。ここではアナログ媒体を用いる看板のメリットとデメリットについてご紹介します。

アナログ媒体のメリット

アナログ媒体を用いる看板の最も大きなメリットは、費用手軽さです。費用に関しては手元にあるものでお金をかけずに作ることもできますし、紙や板は文具店やホームセンターで安価に入手できます。

制作する際に必要な技能は、看板の大きさやデザインの複雑さによります。大規模なものであれば専門の業者に依頼した方が無難ですが、そこまで大きなものでなければ自作することも可能です。

アナログ媒体のデメリット

デメリットとしては、他店との差別化が難しいことがあります。

居酒屋やパン屋など、似た業種の看板はどうしても似通ったものになりがちです。その中で差別化を図るには、相当の工夫が必要だと言えます。

また、一度完成させたデザインは、修正しようという場合には手間がかかります。この点もデメリットと言えるでしょう。

電子媒体のメリット・デメリット

LEDビジョン等を用いる電子看板(デジタルサイネージ)は、未来の看板の形として多くの業界から注目されています。制作するコンテンツ次第で表示できる情報は無限に広がり、アナログ媒体の看板とは異なり動画の再生も可能です。

しかし初期投資はアナログ媒体の看板と比較して高価になりがちというデメリットもあります。

ここでは電子看板(デジタルサイネージ)のメリットとデメリットをご紹介します。

電子媒体のメリット

電子看板(デジタルサイネージ)最大のメリットは、内容を自由自在に変更できることです。画像や動画等、好きなものを好きな順番で再生できるため、店舗の営業形態に応じて期間限定で告知したい内容等も簡単に掲示できます。

また、LEDビジョンは昼夜共に映像を鮮明に映し出せるため、アナログ媒体の看板と比べてインパクトが増すと言えるでしょう。建物の外観に一体化させた電子看板(デジタルサイネージ)を用いれば、デザイン性にも優れたプロモーションが実施できます。

メディアファサードとは │ 店舗の正面をデジタル化・視認性アップ・入店率アップ

電子媒体のデメリット

電子看板(デジタルサイネージ)のデメリットは、やはり価格(費用の負担)が一番に挙げられます。

先述の通り、初期費用として屋内用電子看板LEDビジョンで10万円程・屋外用LEDビジョンで40万円程に加えて、毎月のCMS利用料として4,000円程からの費用がかかります。

ただし、品質の良いLEDビジョンを選びメンテナンスをしっかり行えば、5年以上使い続けることも可能です。こうした点を考慮すると、電子媒体の初期費用はただいたずらに高額なものというわけではないということがご理解いただけると思います。

また、電子看板(デジタルサイネージ)を設置する場所や目的により最適な製品は異なりますので、事前にしっかりと相談と見積もりを取ることが大切です。

電子看板(デジタルサイネージ)にはLEDビジョンがオススメ

電子看板(デジタルサイネージ)にも様々な種類が存在しますが、鮮明な映像を映し出せるLEDビジョンを用いることが最もおすすめです。

屋内・屋外問わず鮮やかな映像を再生でき、通行人にもインパクトのあるプロモーションが行なえます。

ルクス・カンデラ・ルーメンの違いは?明るさの単位についてわかりやすく解説

新しい時代のプロモーション戦略を担うLEDビジョンの導入は、LED TOKYOにご相談ください。

LEDビジョンの購入・設置
レンタルのことならお任せください

メールフォームでのお問い合わせ

内容確認後、迅速にご返信させていただきます

お電話でのお問い合わせ

受付時間:平日10時〜19時