NEWS
ニュース

ヒルトン東京湾曲LED

LEDビジョンとは? メリット・デメリット、価格、注意点、導入事例などを解説!

  • 公開日:2023.06.21
  • 更新日:2024.03.28
  • LEDビジョン
  • インタビュー
  • スタジオ
  • その他
  • 展示会
  • 液晶ディスプレイ

近年、オフィスや商業施設、繁華街など、さまざまな場所でLEDビジョンが導入されています。ビジネスに役立てられないか検討している方も多いでしょう。

ただ、LEDビジョンの特徴を理解しておかないと、効果が薄れてしまう恐れもあります。

今回は、LEDビジョンとは何かがわかるように、構造や使い道、メリット・デメリット、価格、導入事例などを解説します。関連する基礎用語や導入するときの流れ、注意点などにも触れているので、あわせてチェックしてみてください。

LEDビジョンとは?

LEDビジョンはデジタルサイネージと呼ばれる電子看板のひとつです。

Light Emitting Diode(LED)=発光ダイオードを使用していることが特徴で、他のサイネージと比べると高精細、高輝度、高コントラストで昼夜問わず長距離からの視認性に優れています。

近年、オフィスや商業施設、繁華街など、さまざまな場所でLEDビジョンが導入されています。ビジネスに役立てられないか検討している方も多いでしょう。

今回は、LEDビジョンとは何かがわかるように、構造や使い道、メリット・デメリット、価格、導入事例などを解説します。関連する基礎用語や導入するときの流れなどにも触れているので、あわせてチェックしてみてください。

LEDビジョンの仕組み

LEDビジョンの仕組みに関しては下記記事で解説しているので参考にしてみてください。

https://led.led-tokyo.co.jp/news/led_0312/

またLEDビジョンを設置するときには、そのほかの機器も必要になります。

具体的に必要な機器は下記の通りです。

機器

役割

本受電ケーブル

分電盤から電気を受電する

ビジョン用電源ケーブル

本受電ケーブルとLEDビジョンを接続する

LEDビジョン本体

映像を映すためのディスプレイ

鉄骨フレーム

LEDビジョンを固定する土台

配信管理ソフト

作成したスケジュールをSTBに送信する

再生用STB

配信管理ソフトで作成されたスケジュールを受信する

LED送信機

パソコンやSTBといった映像の出力元から映像信号を受け取って色味や輝度などを調整してLEDビジョンに映す

LANケーブル

LEDビジョンとLED送信機を接続する

 

LEDビジョンの使い道

LEDビジョンはさまざまな目的で使われています。具体的な使い道を列挙してみます。

LEDビジョンは、情報配信や空間演出など使い道の幅が広いです。アイデア次第で自社のビジネスを有利に進められる可能性を秘めています。

LEDビジョンと液晶ディスプレイの違い

液晶ディスプレイ(LCD)は、Liquid Crystal Displayの略称であり、液晶物質に電圧を加えると透過率が変化する特徴を活かして、バックライトの変調により映像を表示する機器です。

簡単にいうと、電圧の強さを変えてバックライトの光を遮断したり通したりする仕組みになっています。

その点、LEDビジョンは表面を覆うLED素子自体が光を放出します。液晶ディスプレイよりも画面が明るいです。

関連リンク

https://led.led-tokyo.co.jp/news/ledlcd_0525/

https://led.led-tokyo.co.jp/news/ledvisionvsdigitalsignage/

基礎用語1.LED

LEDとは、Light Emitting Diodeの略称であり、光る半導体と呼ばれています。
1993年に、高輝度の青色LEDが実用化されたのをきっかけに白色LEDが実現して、日常生活でLED照明の普及が進むようになりました。

LEDは、電子の多いN型半導体と、ホールの多いP型半導体を接合した部品です。部品に電圧を加えると、電子とホールが接合部で再結合して、その瞬間に生じたエネルギーが光として発生します。

基礎用語2.ピッチサイズ

LEDビジョンではLED素子が並んでいるとお伝えしましたが、製品によって並び方が異なり、見え方が違います。

並び方に関する指標がピッチサイズです。ピッチサイズとは、LED素子の間隔の長さをあらわす数値であり、小さいほど映像がキレイに見えます。

ピッチサイズ

LEDビジョン選びはピッチサイズが重要!そのほか基礎知識やメリット、活用シーンなども解説

基礎用語3.輝度

輝度とは、シンプルにLEDビジョンの明るさを示す数値です。数値が高いほどLEDビジョンが明るくなります。輝度の単位はcd/m²(カンデラ平方メートル)です。

目安として、屋外用であれば約4,000~5,000cd/㎡、屋内用であれば約600~1,000cd/㎡となっています。
なお、テレビは約100~200cd/㎡、デスクトップパソコンは約250~350cd/㎡です。屋外や明るい場所などでは、比較的輝度の高いLEDビジョンが適しています。

ルクス(lx)・カンデラ(cd)・ルーメン(lm)の違いとは?ニト(nt/nit)について、明るさの単位についてわかりやすく解説

LEDビジョンのメリット

LEDビジョンにはさまざまなメリットがあります。LEDビジョンのメリットを解説します。

メリット1.電気代を節約しやすい

LEDは、電気エネルギーを熱エネルギーに変換せずに、直接光エネルギーに変換するため、電気エネルギーのロスが少ないです。つまり、従来よりも効率的に光を発生させられます。

そのため、LEDビジョンも消費電力が少ない傾向にあり、電気代を節約しやすいです。

メリット2.長く使いやすい

LEDビジョンの耐久性は、約5万時間が目安となっています。液晶ディスプレイの寿命が約3万時間といわれているので、比較的寿命が長いです。
1日10時間点灯させるケースであれば、設計上10年以上利用することも不可能ではありません。
高価なディスプレイを何度も買い替えたくないという方に適しているでしょう。

メリット3.屋外でも映像を鮮明に映せる

LEDビジョンは、液晶ディスプレイと違って直接発光するため、日差しが強い日中の屋外でも映像を鮮明に映せます。
屋外で開催されるイベントで映像を放映したい場合に役立つでしょう。
また、看板と異なり発光することから、夜に宣伝を継続できるのも便利です。

メリット4.故障によるリスクを最小限に抑えられる

液晶ディスプレイの一部が故障してしまうと、本体ごと交換する必要があります。故障していない部分を交換するのは経済的とはいえません。
その点、LEDビジョンは故障した部分だけを交換できます。本体ごと交換しなくて済むので、故障によるリスクを最小限に抑えやすいです。

メリット5.サイズを大きくして視認性を高められる

LEDビジョンは、パネルをタイル状に組み合わせて作られているとお伝えしました。つまり、タイルの組み合わせによっては巨大なディスプレイを構築することも可能です。
遠くからでも目立つように設置できるので、より多くの人に視聴してもらいたい場合におすすめできます。

LEDビジョンのデメリット

LEDビジョンにはメリットだけでなくデメリットもあります。導入してから後悔しないようにデメリットまで把握しておくことが重要です。ここではLEDビジョンのデメリットをまとめてみます。

デメリット1.故障すると宣伝できなくなる

LEDビジョンは、故障によって部分的に映像が映らなくなることがあります。
たとえば、日付の部分だけが映らなくなり、宣伝に失敗している事例がありました。故障したときに素早く復旧できる製品を選ぶことが重要です。

デメリット2.利用対象エリアが限定される場合がある

LEDビジョンは販売会社を通して購入・レンタルされることが多いです。基本的には全国に対応しています。
ただ、販売会社によっては関東圏内のみだけなど、対応エリアを絞っているケースもあります。販売会社を選ぶときは、利用エリアが限定されていないかどうか、見落としなく確認しましょう。

デメリット3.保証期間が短いことがある

LEDビジョンは、通常の家電のように保証期間が設定され、期間内の故障については無料で修理してもらえます。
ただ、保証期間は販売会社によって異なり、1~3年を目安として設定されている傾向です。保証期間が短いこともあるので、必要なら契約のタイミングで延長を希望しましょう。

LEDビジョンを導入するときの流れ

LEDビジョンの全体像がわかり、導入してみたくなった方もいるでしょう。下記記事では、LEDビジョンを導入するときの流れをまとめてあるので、気になった方は参考にしてみてください。

https://led.led-tokyo.co.jp/news/correctinstallation/

導入までの流れ

LEDビジョンの価格

LEDビジョンは便利な機器ですが、どれくらいの価格で導入できるのか、気になるところでしょう。LEDビジョンは購入・レンタルによって価格が異なります。購入価格とレンタル価格に関して、下記リンクに目安を掲載しているので気になった方は見てみてください。

https://led.led-tokyo.co.jp/news/ledvisionprice/

LEDビジョンの納期

LEDビジョンが便利でも、必要なタイミングで導入できなければ、意味がありませんよね。LEDビジョンの納期についても気になるところではないでしょうか。

LEDビジョンを購入する場合、受注生産であればおおよそ45日~60日ほどかかります。

したがって、LEDビジョンが必要になったときは、なるべく早く販売会社に相談することをおすすめします。

ただ、レンタルであれば、エリアや施工規模によっては、最短翌日で利用することも可能です。緊急で必要になった場合などは、レンタルを検討してみるとよいでしょう。

デジタルサイネージの納期はどれくらい?早く導入する方法や注意点も解説!

LEDビジョンの導入事例

LEDビジョンの導入を検討するときは、実際に利用された事例が参考になります。

弊社では様々な会社にLEDビジョンを導入しているため、下記リンクを参考にしてみてください。

https://led.led-tokyo.co.jp/works/

LEDビジョンの注意点

LEDビジョンを導入するときにはいくつか注意点があります。ディスプレイを適切に使いこなすためにもあらかじめ把握しておきましょう。

注意点1.製品によって防水耐性が異なる

LEDビジョンは画面が明るいため、屋外でも使いやすいことをお伝えしました。しかし、製品によって防水耐性が異なるため、屋外で使用すると故障する恐れがあります。

屋外で利用するのであれば、防水耐性の高い屋外専用LEDビジョンを導入することが重要です。屋外専用であれば、雨の影響を受けないため、天候を気にせずに利用できます。

防水耐性はIP保護等級という指標で示されるのが一般的です。導入前に見落としなく確認しておきましょう。

IP規格

IPコードとは「International Protection」を略したコード名です。2003年に国際電気標準会議(IEC)によって定められている電気製品の防水・防塵性能を表す規格です。

 

注意点2.条例の確認が必要

野外では屋外専用LEDビジョンを利用する必要がありますが、設置ルールについてもよく確認しなければなりません。

特に注意が必要なのが、屋外広告物条例です。屋外に設置するほとんどのLEDビジョンは屋外広告物条例の規制対象になっています。

ルールを見落として設置してしまうと、行政から是正勧告を受けることになります。最悪のケースでは、LEDビジョンの撤去が要求される恐れもあります。少しでも不安があれば、LEDビジョンの販売会社に相談しましょう。

LEDビジョンを導入するなら実績豊富なLED TOKYOに相談

今回は、LEDビジョンの概要をはじめ、種類やメリット・デメリット、注意点などをご紹介しました。

LEDビジョンは、発光ダイオードで構成されているディスプレイです。LED素子自体が自ら光を放出するため、液晶ディスプレイよりも画面が明るいという特徴がありました。

防水・防塵性能を備えた屋外用のLEDビジョンもあり、野外でも直射日光に負けない明るさを保てます。昼夜問わずに映像を放映できるので、屋外イベントを行うときにも便利です。

パネルを組み合わせて巨大なディスプレイを構築することもできるため、遠くから目立たせたいという場合にも検討できます。

ただ、看板と違って故障して部分的に映像が映らなくなるトラブルが生じる恐れがあります。可能な限りトラブルを減らせるよう、信頼できる実績を持ち、長期的に保守点検してくれる販売会社を選ぶことが重要です。

LED TOKYOは、LEDビジョンの選定・設置・映像制作・運用管理・保守まで最適なソリューションをワンストップで提供しているLEDビジョン専門会社です。

LEDサービスに関しては累計導入実績No.1であり、長期保守点検に対応しているLEDビジョンも販売しているため、機器を安心して導入したい場合におすすめできます。

LEDビジョンを初めて導入する方や、トラブルに不安を持つ方は、ぜひLED TOKYOまでご相談ください。

Summary
LEDビジョンとは? メリット・デメリット、価格、注意点、導入事例などを解説!
Article Name
LEDビジョンとは? メリット・デメリット、価格、注意点、導入事例などを解説!
Description
LEDビジョンとは何かがわかるように、構造や使い道、メリット・デメリット、価格、導入事例などを解説します。
Author
Publisher Name
LED TOKYO

世界基準のLEDビジョンを圧倒的コスパでご提供!

ご購入はもちろん、レンタルのご相談も歓迎しております。
専門のスタッフによる安心のサポートのもと、お客様に最適な提案をさせていただきます。
是非お気軽にLED TOKYOまでご連絡ください。

RELATED WORKS
関連記事